Q&A

よくあるご質問をご紹介します。

ご質問と回答

福岡県リフォーム推進ネットワーク協議会について

Q1 相談等は無料ですか?

ご相談や登録事業者の紹介・見積の依頼については無料です。

Q2 協議会を利用するにはどこに連絡すればいいですか?

このHPに記載されている協議会事務局へご連絡ください。(フリーダイヤル 0120-782-783)

Q3 協議会について知りたいのですが、どこで教えてもらえるのですか?

このHPに記載されている協議会事務局へご連絡下さい。(フリーダイヤル 0120-782-783)
→詳しくは、「協議会の概要」のページを参照下さい。

Q4 施工グループとはどんなところですか?

福岡県内のリフォーム事業者からなるグループです。施工グループには次のような特徴があります。

  • 施工グループを構成する登録事業者が行うリフォーム工事に関し、工事完了時における検査体制が整っています。
  • 施工グループは当協議会で定める基準等に適合する登録事業者で構成されています。
  • 施工グループ内の登録事業者に対し、定期的に技術教育等を行います。
  • 施工グループとして5年間以上活動しています。

Q5 どんな事業者を紹介してもらえるのですか?

希望するリフォーム工事の内容に合ったお近くの登録事業者を選び、ご紹介します。
登録事業者には次のような特徴があります。

  • 福岡県内に本店があります。
  • リフォーム瑕疵保険に登録しています。
  • リフォーム工事に関する工事中の損害補償が可能です。
  • リフォーム工事に従事して5年以上の経験があります。

Q6 協議会を利用すると、どんなメリットがありますか?

  • ①工事中の登録事業者による損害補償、②完成時の施工グループによる完成状況の確認、③引き渡し後の登録事業者による工事箇所への点検によって、安心できるリフォーム工事を実現します。
  • 施工グループはグループ内に事務局を設置し、お客様とのトラブルが発生した場合はサポートできる体制を整えています。

Q7 協議会事務局を通さず、直接事業者に連絡を取りたいのですが。

この協議会は、リフォーム工事の内容に応じた工事を安心して依頼できる最寄りの住宅リフォーム事業者の情報を提供する窓口です。利用するには、まず協議会事務局に問い合わせてください。
なお、協議会事務局を通さず直接契約を結ばれた場合、協議会活動としてのメリット(上記Q6参照)が受けられませんので、ご注意ください。

Q8 紹介された事業者と条件が合わない場合は、断ることができますか?

できます。
事業者の決定および契約は、自己の責任で行うことになります。条件が合わない、または不明なまま契約すると、後にトラブルになる可能性があるので、事業者を決めるときは慎重に行いましょう。

Q9 登録されている事業者は、なぜ安心なのですか?

登録事業者は、協議会が定める次の事項を遵守するものとして登録されています。

(登録事業者の遵守事項)

(1)
住宅リフォーム推進協議会が定める「住宅リフォーム事業者倫理憲章」を遵守すること。
  1. 依頼主の期待に応え、住み心地や資産価値が最大となるよう努める。
  2. 依頼主が適切な選択と判断ができるよう、常に正確な情報の提供に努める。
  3. 見積や契約等について誤解を生じないよう正確で分かりやすい書面により、適正な業務遂行に努める。
  4. 依頼主にとってよき相談者となり、クレーム等に対して誠実な対応に努める。
  5. 関係法令を遵守し、さらに高い品性とモラルの保持に努める。
  6. 住まいの質の向上を目指し、専門知識の習得と技術・技能の研鑽に努める。
  7. 依頼主の理解と協力を得て、健康で安全な生活環境の実現と、資源の有効利用等による地球環境保全への寄与に努める。
(2)
住宅リフォーム推進協議会が作成する「標準契約書式」を使用すること。
ただし、標準契約書式と同等以上のものを使用する場合は、この限りでない。
(3)
住宅リフォームに関連する法令、及び諸規定を遵守すること。
(4)
契約を行う際には、リフォーム瑕疵保険登録制度の活用を施主に説明すること。
(5)
工事が完了し施主へ引き渡した後11ヶ月目をめどに工事箇所への点検を実施するなどのアフターフォローを行うこと。
(6)
消費者とのトラブルが発生した場合は、真摯に対応を行い、施工グループ事務局に報告すること。
その他

Q10 事業者を選ぶポイントは何?

提案内容が自分の希望どおりかどうか、金額だけでなく、リフォームの範囲や内容などから総合的に判断しましょう。見積りを数社からとって比較するなどしましょう。

  • お客様の目指すリフォームにマッチしているか。
  • 経験豊富で実績がある事業者か。
  • 建築士や増改築相談員などの資格者がいるか。
  • 事業者団体への加盟や建設業許可登録を行っているか。
  • 自宅からあまり遠くない事業者か。(車で1時間以内が目安です)

*新築した際の設計者、工務店などに相談するのもよいでしょう。
*同様のリフォームをしたご近所の話が参考になる場合もあるでしょう。

Q11 見積りを取ったが、どう見たらいいのかわかりません。

見積の見方や内容などに疑問があれば、事業者に尋ねましょう。その時の対応も事業者を決める際の判断材料になります。
「○○工事一式」だけの見積りではなく、内訳明細のある見積りをもらいましょう。自分で判断できない場合は、建築士など専門家に見てもらうことも有効です。

Q12 小額の契約でも契約書は必要ですか?

必ず書面による契約書を取り交わしましょう。また、契約書にサインする前にしっかりと内容の確認をしましょう。
なお、契約締結後に変更が生じた場合は、必ず書面により契約変更の手続きを行ってください。